P.G.C.D.JAPAN | JBIG meets Art gallery
見る

JBIG meets art galleryの挑戦。

この度、私たちJBIGとP.G.C.D. JAPANは現代アートと社会をつなぐ仕組み「JBIG meets art gallery」の挑戦を始めるため、東京 南青山本社に現代アートギャラリーを併設しました。

この2年間、コロナ禍で苦しむ社会とお客様のお話を伺いながら、私たちができる貢献とは何か考えてまいりました。
そしてオンライン、オフラインを活用した新たな貢献の形として生まれたのが「JBIG meets art gallery」です。

このギャラリーは、P.G.C.D.のお客様だけでなく、多くの方が現代アートに触れる場を創るというもの。作品そのものの美しさだけでなく、アーティストの作品に込めた思い、生活、人生、日本のアート文化そのものを、より身近に感じていただく場として考えました。

ここで、私たちの「美しさ」の形をこれまでとは少し違う場所で活かす挑戦についてお伝えさせてください。

野田泰平

野田泰平

お客様と社会をつなぐ、現代アートと社会をつなぐ、

「ものを買う=未来を選択する」成熟しつつある社会に向けて

ものを買う行為は、未来を選択する行為でもあると考えます。消費するだけの時代は終わり、環境に配慮された商品を選ぶ人が増えつつある今、何気ない日用品の購入のひとつも、未来への積み重ね。その思想に、多くのお客様から共感の声をいただいています。

一方、アートを購入するということは、本来は人々の生活を豊かにするごく身近なこと。欧米では、富裕層でない方もアートを購入し、自宅に飾るなどして親しむ文化があります。またアートを購入するということは、アーティストたちの未来を育むという側面もありました。ただ、日本でその文化、習慣が少なく社会全体に根付いていません。触れる場所と得る仕組み、親しむ文化さえあれば、アートは今以上に、私たちの生活へ彩りを与えるはずです。

未来のゴーギャン、モネのために 私たちがいまできること。

現代アート作品の価値は、2つあると思います。1つは、作品そのものが持つ価値。作者が取り上げたテーマ、伝えたいメッセージ、表現技法などから、私たちの心は揺さぶられ感動します。所有欲を満たし、作者とつながっている感覚を生み、空間に彩りを与え、穏やかな気持ちにさせてくれる。

もう1つは、時間とともに生まれる価値。3年前に私が京都芸術大学の椿昇教授と出会ったことから、京都芸術大学の学生の作品をコレクションすることになりました。その数年後、卒業生の個展が開かれると聞いて伺ったところ、アーティストの成長に驚かされました。それはもう幸せなことで、過去のアーティストの作品との出会いが今につながったことが嬉しく、その変化を楽しめることも喜ばしい、この体験価値こそ現代アート作品ならではと強く感じました。

ギャラリー イメージ写真

“作品自体の価値と、時間経過とともに感じる価値。”これらの美は、P.G.C.D.の考える「美しさ」の概念と近いものです。本質的な美しさは、外見だけでなく、人の心と時間が作り出すもの。作者との対話、作品の成長、作品から得られる感動すべてが、アートの価値なのではないでしょうか。

P.G.C.D.が追求する美を、アート市場にも活かす。

P.G.C.D.は、シンプルな美しさの仕組みを追求してきたブランドです。これまで培ってきた “身も心も、そして地球環境もより美しくする仕組み”を、日本のアート産業にも活かしていきます。それによって、本来アートが持つ生活に彩りを与えるという関係性を、お客様と社会にとって身近なものにできたらと考えています。

「JBIG meets art gallery」は、京都芸術大学生、卒業生をはじめ、若手の現代アート作品を展示してアートに触れる機会を作り上げ、企業がお客様と一緒になって社会を応援し、日本の現代アート文化に貢献できる仕組みです。
また、遠方により来館が難しい方のために、オンライン上で閲覧可能にしながら、NFTの仕組みを使った所有権の共有を可能にする計画もしています。
資産価値に注目されがちなNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)を、「JBIG meets art gallery」ではより本質的な意図をもって活用したいと考えています。

資産としてではなく、生活に彩りを与えるアート。

本来、アートは私たちの生活を豊かに彩るものです。江戸時代に生まれた浮世絵は今でいうフライヤーで、話題の役者や相撲取りの今を伝える情報誌の役割も担っていました。庶民が収集して楽しむ側面もあったそうです。
アートは建築との関連性も高く、襖絵や、屏風絵、欄干の彫り物は、投資目的ではなく住環境のために作られた日本の美。経年により価値が上がったものもありますが、本来の目的は生活を豊かにするためのものなのです。

コロナ禍で住環境にアートを取り入れる人が増えつつあるいま。自宅で過ごす時間が増え、より居心地の良い空間を求めて、アートを飾ろうと検討する人が増えていくことで、アートの需要は今後一層高まるのではないでしょうか。
その流れを応援するために、複数人でアートを共有する、新しい感覚がNFTの可能性に含まれると思っています。1点ものの絵画を家に飾る場合、多額の購入費用と管理が必要です。しかし、1つのアートを複数人で分割購入し共有することが、NFTの技術を活用すれば可能になりました。

NFTを活用して仮想鑑定書・保証書のようなものを実現すれば、デジタルデータであっても作者、所有者をはっきりと示し、コピーではない「唯一の価値」を証明できる。また、NFTの技術は、アートを複数人で所有することも可能にしました。作品のオーナー権を複数人で共有することで、少額でも作品を所有できる仕組みを「JBIG meets art gallery」は生み出そうとしているのです。

作品のオーナーは「JBIG meets art gallery」で鑑賞できるほか、手元のスマホ、パソコンへの画像保存、印刷して自宅に飾ることも可能に。支払いにP.G.C.D.が発行しているクーポンを活用いただくことで、お客様にもアートをより身近に感じていただく機会を創出できると考えています。私たちは、作品を楽しむだけでなく、作者の支援、価値の共有を可能にする新しい展示スタイルを目指しています。

「JBIG meets art gallery」は現代アートの文化を育てる場。個別の作者を応援するだけなら、クラウドファンディングで可能ですが、このギャラリーでは多くのアーティストと作品の接点を生み出し、アーティストたちはゲストとの交流から自分の価値を知り、対価を得て、制作に集中できる。いわば、アーティストと社会をつなぐ文化交流の場です。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08

Artist アーティスト紹介

cartwheel galaxy

鬼頭健吾

スキージを用いて書の一筆の様に即興的に描いた作品

鬼頭健吾

鬼頭健吾(Kengo Kito)

1977年愛知県生まれ。京都芸術大学大学院教授。
2001年名古屋芸術大学絵画科洋画コース卒業後、2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科油画修了。
主な個展に原美術館ARC「Maltiple StarⅠ,Ⅱ,Ⅲ」展、グループ展には、森美術館「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展、国立新美術館「アーティストファイル」展、エルミタージュ美術館「Mono No Aware」展、高松市美術館「ギホウのヒミツ」展、2020年、京都市京セラ美術館にてリニューオープン後、初の展覧会として個展「Full Lightness」が開催された。
2021年Japan House LAにて個展「Reconnecting」。
2008年五島記念文化賞を受賞しニューヨークに1年滞在し、その後ドイツベルリンにて制作活動。
フラフープやパラソルなど、工業製品を空間に充満させることにより作品化したり、近年は布や鏡などを建物の構造や自然および人工の光といった環境に接続、干渉する作品を発表している。
ありふれた日常のもので現代社会を軽やかに批評する作家として国内外から高い評価を受ける。

“X” 大庭大介
Photo by Nobutada Omote

X

大庭大介

2020

“X”は、自作のスキージを使用し、まず、右上から左下へ、次に、左上から右下へ、最後に左から右へと、「点の集合=線の集合=面」を画面に刻む。この上からプラチナ箔を貼り、透明(青)のアクリルメディウム何層も塗り重ねた作品である。
交差し、刻まれた3つの溝=面は、鑑賞者と光の関係により「X、y、/ 」と変化する。

“0NE” 大庭大介
Photo by Nobutada Omote

0NE

大庭大介

2019

“0NE”は24金箔でコーティングしたガチョウの卵の中にラピスラズリの絵具を入れ、これを、支持体の上に投げつけた作品である。
天空を宿した黄金の卵=点は、画面に強く衝突することで、中心から外へ、放射状の「面」となり、新たな大地をつくりだす。

“UNTITLED” 大庭大介
Photo by Nobutada Omote

UNTITLED

大庭大介

2019

“UNTITLED”は、まず、大量のアクリル絵具と自作のスキージを使用して、画面上下から画面中心に向かって傾斜をつける。そこへ、透明な絵具、シアン、マゼンタ、イエロー(色の三原色)を1色ずつ、交互に何層にも流し込んだ作品である。
法則と偶然によって生まれた大地、空から降ってきた色彩の海は、セカイを創造する。

大庭大介

Photo by You Ishii

大庭大介(Daisuke Ohba)

1981年静岡県生まれ。画家。2007年東京藝術大学大学院美術研究科油画研究領域修了。
絵画を「場」と捉え、「絵画=セカイ」を創造する。
「関係、偶然性、光、次元、行為」を手がかりに、東洋と西欧の絵画の歴史的手法を横断することにより絵画史を再考する。
自作の描画道具と、光により色彩が変化しつづける偏光顔料やホログラム顔料、地球外のマテリアルである隕石から抽出した絵具、古代の顔料など、特殊な絵具を用い、過去、現在、未来の時間軸の創造を試みる。
それらは、必然性と偶然性を共存させた独自の方法論をもとに、私たちの目前で起こる多様な現象を構成するセカイを創造する。

(近年の主な個展、グループ展歴)
主な個展
2021
「絵画-現象の深度」
SCAI THE BATHHOUSE(東京)
2019
「大庭大介 個展」
ガトーフェスタ・ハラダ本社ギャラリー(高崎)
2017
「大庭大介 個展」
SCAI THE BATHHOUSE(東京)
2012
「大庭大介 個展」
SCAI THE BATHHOUSE(東京)
2011
「The Light Field」
大和日英基金(ロンドン)
2009
「The Light Field -光の場-」
SCAI THE BATHHOUSE(東京)・magical ARTROOM(東京)

主なグループ展
2021
「太陽」
MtK Contemporary Art(京都)
2020
「New Paintings from Kyoto-Kaoru Usukubo and Daisuke Ohba」
LOOCK Galerie(ベルリン)
2019
「INTERPRETATIONS,TOKYO ―17世紀絵画が誘う現代の表現」
原美術館(東京)
2018
「The Ubiquity of Borders:Japanese Contemporary」
Gallery Baton(ソウル)
2017
「白の表現力~現代のコレクションから~」
静岡県立美術館(静岡)
2016
「静岡県立美術館 新収蔵品展」
静岡県立美術館(静岡)
2015
「タグチヒロシ・アートコレクションパラダイムシフトてくてく現代美術世界一周」
岐阜県立美術館(岐阜)
2014
「NATURES DUET:SELECTED WORKS BY JORGE MAYET&DAISUKE OHBA」
FAJAM FOUNDATION(ドバイ)
2013
「The Islands of the Day Before」
開渡美術館 (KdMoFA)(台北)
2012
「超群島ライトオブサイエンス」
青森県立美術館(青森)
2011
「ECOSOPHIA ~アートと建築~」
堂島リバービエンナーレ2011(大阪)
2010
「時の遊園地」
名古屋ボストン美術館(名古屋)

(コレクション)
ピィゴッツィ・コレクション(ニューヨーク)
ドリス・ヴァン・ノッテン(東京・青山)
ビームス、東京
日本航空、羽田空港国内線桜ラウンジ
静岡県立美術館(静岡)
田口コレクション
裏磐梯高原ホテル(福島)
高橋コレクション
Long Museum 龍美術館(上海)

(ステートメント)
「未詳の法則」は、宇宙空間を浮遊していた隕石たちを互いに衝突させ、塊を作った。
そこに、天と地が生まれ、私たちは誕生した。私たちは、その場を地球と名付け、触覚を持つ地表と、触覚を持たない大気の「あいだ」に立ち、一方向に流れる時間の中で呼吸をしている。
「投げた石が湖に落ち、その波紋が世界を生み出す。」
この世界の未詳法則は、常に現実のキャンバスに隠顕し、私は神の一手を模倣する。

“Particle-Toy-Deer (family)
” 名和晃平
photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH

Particle-Toy-Deer (family)

名和晃平

2021

オブジェクトの表皮を炭化ケイ素の粒で覆う「Particle」。一粒一粒が周囲の光を反射し、微かな煌めきの集まりとなる。

名和晃平(Kohei Nawa)

彫刻家/Sandwich Inc.主宰/京都芸術大学教授
1975年生まれ。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。

Abstract Unicorn Wall Hunging

y u t a o k u d a

この立体シリーズは、壊れたり、不必要になり一度は人がゴミと判断し、捨てり、捨てようとしたものを、SNSやインターネットを使い集めて、修復し、そこにペイントすることで、もう一度大切にしてもらえるアート作品に変えようという思いから生まれたシリーズです。

“Abstract Flowers (Pearl White x Gold)” y u t a o k u d a

Abstract Flowers
(Pearl White x Gold)

y u t a o k u d a

コロナをきっかけに日々の当たり前だと思っていたことが、実は特別な出来事だったと気付き、その当たり前に感謝し、その思いを作品にしたいと思いから’with gratitude’というテーマで、鑑賞者に感謝を伝える「花」を描いています。 絵の具の混ざった偶発的な部分を、極細のペンでアウトライン化していくことで『偶然』を『必然』変えていくような描き方をしている。

y u t a o k u d a

y u t a o k u d a

犬山市生まれ
神奈川県在住

Profile: コロナをきっかけに日々の当たり前だと思っていたことが、実は特別な出来事だったと気付き、その当たり前に感謝し、その思いを作品にしたいと思いから’with gratitude’というテーマで、鑑賞者に感謝を伝える「花」を描いています。 絵の具の混ざった偶発的な部分を、極細のペンでアウトライン化していくことで『偶然』を『必然』変えていくような描き方をしている。 これまでは、無意識下に投影された自身のかけらを、 “beautiful foodchain”(美しき食物連鎖)と"colourful black"(色とりどりの黒) というコンセプトのもと、 花や生きものをモティーフとして視覚言語化し、再構築しており、 自然の摂理の美しさを描くと同時に、美と醜、愛と憎しみ、 生と死など相反するテーマを1枚の絵の中に表現していました。 作品の表現手法はここ数年で、計算した線のみで構成された 細密画から、「偶然性」をテーマとした作品へと変化してきており、墨のにじみや、アクリル絵の具の混ざり具合から 偶然に生まれた凹凸の中からアウトラインを抽出し花などのモティーフを描いていきます。 現在は、個展やアートフェアなど国内外問わず精力的に作品を発表し続けている。

Biography:
・2016 -
退社後、デザイナーとしてではなく、アーティスト”yutaokuda”として活動再開
・2012 - 2016
ファッションブランドTAKEO KIKUCHIにてデザイナーとして勤務
・2010 -
M.A. Fashion Design Course, ISTITUTO MARANGONI, London, U.K. 卒業 Solo Exhibition:
・2021 10 13 - 19
銀座の美の起原にて<個展>を開催
・2021 10 06 - 11 07
NYのMizuma & Kipsにて<個展>を開催
・2021 09 06 - 12
名古屋のGallery Blankaにて<個展>を開催
・2021 06 06 - 06 12
渋谷のElephant Studioにて<個展>を開催
・2021 03 27 - 04 04
北品川のGallery 201にて<個展>を開催
・2021 02 13 - 02 20
銀座の美の起原にてアートユニット「yueru」として<個展>を開催
・2020 12 04 - 12 09
銀座の美の起原にてアートユニット「yueru」として<個展>を開催
・2020 11 25 - 12 03
銀座の石川画廊にて<個展>を開催
・2020 10 16 - 25
用賀のEllipse Tokyoにて<個展>を開催
・2020 08 01 - 31
渋谷のLiving Room Cafeにて<個展>を開催
・2020 06 05 - 07
北品川のGallery 201にて<個展>を開催
・2020 03 20 - 30
北品川のGallery 201にて<個展>を開催
・2020 02 01 - 31
渋谷のウエマツのショーウィンドウにて<個展>を開催 
・2019 12 24 - 29
名古屋のGallery Blankaにて<個展>を開催
・2019 12 08 - 15
用賀のEllipse Tokyoにて<個展>を開催
・2019 10 04 - 14
神戸のWorld Timesにて<個展>を開催
・2019 08 09 - 08 18
要町のNishiike Martにて<個展>を開催
・2019 06 26 - 07 25
東急プラザ銀座Kiriko THE Museumにて<個展>を開催
・2019 06 01 - 23
表参道のREFECTOIREにて<個展>を開催
・2019 03 16 - 25
北品川のGallery 201にて<個展>『Boundary line of bleeding』を開催
・2019 02 25 - 03 02
銀座の美の起原にてアートユニット「yueru」として<個展>を開催
・2018 09 15 - 24
北品川のGallery 201にてアートユニット「yueru」として<個展>を開催
・2018 09 15 - 24
北品川のGallery 201にてアートユニット「yueru」として<個展>を開催
・2018 08 30 - 09 19
松江市の一畑百貨店にて<個展>を開催 ・2018 08 04 - 05 浅草橋のHULIC HALLにてアートフェア『Independent』にアートユニット「yueru」として参加 (高橋正宏賞授与)
・2018 06 18 - 24
京橋のGallery KUBOTA別館にてグループ展『Work in Progress』に参加
・2018 05 01 - 06 30
名古屋のGolden Child Cafeにて<個展>を開催
・2017 12 01 - 12 17
表参道のSPOON BILL南青山にて<個展>を開催
・2017 11 14 - 11 19
名古屋のGallery Blankaにて<個展>を開催
・2017 06 17 - 25
北品川のGallery 201にてを開催
・2017 03 04 - 12
要町のなんてんcafeにて<個展> & を開催
・2016 12 16 - 27
用賀のEllipse Tokyoにて<個展>を開催
・2016 11 01 - 05
中目黒のSpace Mにて<個展>を開催
・2016 07 02 - 10
表参道のREFECTOIREにて個展『Colourful Black』を開催
・2016 07 01 - 13
表参道のROCKETにてグループ展『IN MY MODE』に参加
・2016 05 21- 29
北品川のGallery 201にて個展『Colourful Black』を開催
・2016 04 23 - 05 01
用賀のEllipse Tokyoにて個展『Line’s Creature』を開催
・2016 03 22 - 30
渋谷のHot Buttered Clubにて個展『Line’s Creature』を開催 Group Exhibition:
・2021 11 11 - 30
京橋のTokyo Square gardenにて『Art in Tokyo YNK』に参加
・2021 11 04 - 15
天王洲アイルのWhat Cafeにて『Diversity』に参加
・2021 09 25 - 26
銀座の蔦屋書店にてグループ展に参加
・2021 08 11 - 08 17
東京の東京大丸にて『ブレイク前夜展』に参加
・2021 07 31 - 08 09
福岡のWhaskにて『artworks fukuoka』に参加
・2021 07 30 - 08 08
銀座の石川画廊にてグループ展に参加
・2021 05 26 - 06 15
名古屋のJR名古屋タカシマヤにてグループ展に参加
・2021 04 23 - 05 14
天王洲アイルのWhat Cafeにて『2nd Session』に参加
・2021 04 21 - 27
大阪の梅田大丸にて『ブレイク前夜展』に参加
・2021 04 19 - 25
京橋のTomohiko Yoshino Galleryにて『ブレイク前出演夜記念展』に参加
・2021 04 01 - 04 14
麻布のbetween the arts galleryにて『FLOWER EXHIBITION 』に参加
・2021 03 20 - 31
渋谷のBunkamura Galleryにて『Bunkamura Gallery Selection 2021』に参加
・2021 03 18 - 21
祐天寺のWHYNOT. TOKYOにて『Colourful Power』を開催
・2021 03 15 - 17
渋谷のヒカリエのCube 1,2,3にて『I am B tokyo 2021』に参加
・2021 02 19 - 21
天王洲アイルのWhat Cafeにて『ART MARKET』に参加
・2021 02 15 - 03 14
麻布のbetween the arts galleryにて『Flower展』に参加
・2021 01 15 - 02 28
渋谷スクランブルスクエアにてArt technologes POP UP galleryに参加
・2020 11 20 - 12 20
馬喰町ログズビルにて100人10に参加
・2020 11 08 - 30
月ノ出画廊にて『虫展』に参加
・2020 08 17 - 24
北品川のGallery 201にてグループ展『カエル展』に参加
・2020 08 09 - 31
月ノ出画廊にて『カラフルシャワー展』に参加
・2020 07 21 - 29
銀座の美の起原にて『ちいさな宝物展』に参加
・2020 06 25 - 29
『KENZAN 2020』に参加
・2020 02 20 - 22
roomsにてBucephalusと合同で出展
・2020 01 08 - 20
銀座の美の起原にて『新春 Selection展 』に参加
・2019 09 19 - 28
銀座の美の起原にて『Monochrome』に参加
・2019 08 24 - 09 01
高津のおふろ荘にて『おふろ荘始めました展』を開催
・2019 06 21 - 30
北品川のGallery 201にてグループ展『カエル展』に参加
・2019 04 05 - 07
自由が丘のLe ciel blueにてグループ展に参加
・2019 03 26 - 03 31
芦屋のWORLD TIMES GALLERYにてアートユニット「yueru」としてグループ展に参加
・2018 10 26 - 11 04
用賀のEllipse Tokyoにてグループ展『Skull展』を開催
・2018 04 20
中目黒のSmilesにて開催された『クリエイティブ夜会』にて二人展を開催
・2018 03 27 - 05 11
香港のSansiao Galleryにてグループ展『Homage』に参加
・2018 02 11
渋谷のヒカリエにて開催の『三十路祭り』に出展
・2017 10 03 - 10 08
原宿のL'illustre Galerie LE MONDEにてグループ展『点と線、そして気配。』に参加
・2017 09 22 - 10 01
四谷のArt Complex Centerにてグループ展『868788展』に参加
・2017 08 19 - 20
浅草橋のHULIC HALLにてアートフェア『Independent』に「yueru」として参加 (吉田広二賞・高橋正宏賞授与)
・2017 04 14 - 04 17
清澄白河のSOCIAL SPACE KIYOSUMIにてグループ展に参加
・2017 03 24 - 04 09
中目黒のMDP GALLERYにてグループ展『Sakura Pink展』に参加
・2017 01 31 - 02 05
四谷のArt Complex Centerにてアートフェア『大細密受賞展』に参加
・2016 09 30 - 10 06
原宿のラフォーレにてグループ展『Keep A Breast Tokyo Love Show 2016』に参加
・2016 08 25 - 27
表参道Valmuerにてグループ展『ventneuf 2017ss Exhibition with yutaokuda』に参加
・2016 08 02 - 07
四谷のArt Complex Centerにてアートフェア『大細密展』に参加 (優秀賞授与)
・2016 07 01 - 13
表参道のROCKETにてグループ展『IN MY MODE』に参加
・2016 06 19
渋谷のGallery Concealにて『Garden』に参加
・2016 06 16 - 19
四谷のArt Complex Centerにて『ACT』に参加
・2016 05 27 - 06 08
表参道のROCKETにて企画展『Mode Mood』に参加
・2016.02.05 - 07
原宿のZOOMANにてグループ展『AC展』に参加 Art Fair:
・2021 09 22 - 26
Art Fair Asia FukuokaにTomohiko Yoshino Galleryより参加
・2021 08 07 - 08
竹芝の東京ポートシティ竹芝にてアートフェア『Independent』に参加
・2021 05 14 - 16
ART BUSANにGallery Edelより参加
・2021 02 12 - 14
ART NAGOYA 2021にTomohiko Yoshino Galleryより参加
・2020 12 19 - 20
竹芝の東京ポートシティ竹芝にてアートフェア『Independent』に参加
・2020 09 17 - 21
寺田倉庫にて開催された『art TNZ』にTomohiko Yoshino Galleryより参加
・2019 10 17 - 21
台北のアートフェア『ART Taipei』にTomohiko Yoshino Galleryより参加
・2016 07 31
浅草橋のHULIC HALLにてアートフェア『Independent』に参加 Collaboration:
・FANO 『恩返紙project』バンダナ&CAMINO扇子 アート提供
・Nobuyuki Matsui 18S/S ・5351 POUR LES HOMMES Collaboration T-shirts
・Nehanne MIHARA YASUHIRO 17S/S Collection アート提供(ロゴデザイン、写楽、タトゥーデザイン etc..)
・2016 Fall Vol.13 表紙

and more....